製 品

エランビタール

ネットストア

エランビタール
ハイブリットミニ水改質システム
エランビタール
ネットストアにて販売中

バイオウォーター

バイオウォーター
 
水とウィスキーの水割りの分析結果
比較


水とウィスキーの水割りの分析結果

エランビタールで改質された水道水と改質されていない水道水を
味見センサーを使用し基本5味覚で比較実験を行いました。
味覚センサーとは

味覚センサーとは九州大学が開発、㈱インテリジェントセンサーテクノロジーが製品化した 世界初の味覚を測定するセンサーです。味覚センサーは「おいしさ」の重要な構成要素と  なる基本5味覚(旨味、苦味、塩味、酸味、甘味)に渋味を加えた基本味を数値化し、客観的に表現することが可能です。
人間の舌をモデル化した測定原理
→ 人間の舌に近い味覚数値を得ることが可能です。(後味の測定も可能です)
成分分析では検知できない部分を測定
→ 化合物に含まれる呈味物質の質量比から味覚を推定するのではなく、呈味物質が示す味覚をダイレクトに測定しています。
一般消費者でも理解可能なアプリケーション
→ 生データをそのまま表示するのではなく、視覚的に理解しやすい二つの表現方法を採用しています。(レーダーチャート&二次元散布図)
味覚センサー
図
エランビタールを入れた水で作ったウィスキーの水割りは水道水で作った水割りと比べてミネラル感、苦味、渋味が下がり、ボディー感がと甘味がアップ。

→まろやか、マイルドになったと言える。
-まとめ-

ウイスキーの水割りの差
水道水の水割りと比べてエランビタール水の水割りは:
・ミネラル由来の味わい「ミネラル感」が弱まった。
・「渋味」が弱まった。
・低濃度の塩味由来の「ボディー感」が強まった。

→ 味が「まろやか」「マイルド」に